VIO脱毛の注意点(生理やウォシュレット、性行為や妊娠、性病など)

身体の中でも特にデリケートなVIO脱毛をする際には、いろいろと注意点があります。

 

脱毛当日はもちろん脱毛後にも注意したいことがあるので、事前に知っておくと安心です。

 

また最近はたくさんの女性がVIO脱毛を行っていますが、性病感染のリスクもあると言われているので要注意です。

 

VIO脱毛の注意点は?

 

VIO脱毛当日にはいくつかの注意点があります。

 

  • 生理だと施術できない
  • シェービングが必要なら前日までに行っておく
  • 妊娠中にもVIO脱毛は控えた方が良い
  • ウォシュレットで清潔にしておくのがおすすめ
  • 性行為は控える

 

脱毛サロンによっては生理でも脱毛可能なところもありますが、VIO脱毛だけはどこのサロンも生理だと受けることができません。

 

急なキャンセルではキャンセル料が発生するサロンもあるので、予約を入れる際には生理と重ならないよう注意が必要です。

 

脱毛前にはシェービングをしておく必要がありますが、VIOは自分では難しいのでできる範囲で大丈夫というサロンがほとんどです。

 

当日になって急いでやると危険なので、前日か2日くらい前に余裕を持って行っておくと安心でしょう。

 

妊娠中にもVIO脱毛は断られることがほとんどです。

 

他の部位ならオッケーのサロンもありますが、VIO脱毛は施術中の体勢に負担がかかるので妊娠中はお休みすることになります。

 

また脱毛前と後には、ウォシュレットをするのもおすすめです。

 

やはりにおいが気になりますから、事前にウォシュレットで清潔にしておくのがエチケットです。

 

施術後も、ダメージを受けた肌は雑菌も繁殖しやすいので、ウォシュレットで清潔にしておきましょう。

 

またVIO脱毛後には肌が敏感になっているので、当日の性行為は控えた方が良いでしょう。

 

VIO脱毛で性病に感染するリスクがあるの?

 

脱毛サロンで使用されるマシンはその都度キレイに消毒されていますが、それでもVIO脱毛では性病の感染リスクはゼロではないでしょう。

 

消毒が不完全だったり、電気シェーバーの使いまわしによるリスクもあります。

 

VIOは自己処理しにくい部位なので剃り残しはサロンで電気シェーバーを使って剃ってくれますが、ほとんどのサロンではこの電気シェーバーは使いまわしをしています。

 

もちろん消毒はされていますが、アルコールでのふき取りくらいなので「性病感染」のリスクが0%とはいえないでしょう。

 

1回使うごとに刃を取り替えているようなサロンは少ないかと思いますが、衛生面にしっかり配慮されたサロンを選ぶことが大切です。

 

カウンセリングの時などに電気シェーバーや脱毛マシンの管理方法について聞いておくと安心です。

 

VIO脱毛をする際には注意点がたくさんあるのでしっかり覚えておきましょう。

 

デリケートな部位なので、注意点を守って安全に行うことが大切です。

脱毛通い放題
TOPへ