脱毛したいなら知っておきたい毛周期との関係とは?

脱毛したいなら知っておきたい毛周期との関係とは?

ムダ毛には、成長して表面に生えてから抜け落ちるまでの毛周期というサイクルがあります。毛周期は部位によって異なり、もっと細かく言うとムダ毛1本ごとに違います。ですので、効率よく永久脱毛をするには毛周期と脱毛の関係を知っておく必要があるのです。

 

なぜすぐにムダ毛が生えてくるのか

 

毛抜きで抜いても、カミソリで剃っても、数日経つとすぐにムダ毛が生えてきますね。

 

そのためムダ毛の成長は早いと感じますが、実はムダ毛処理後にすぐに生えてくるのは、皮膚の内側で成長していた他のムダ毛なのです。

 

表面に生えているムダ毛は、体に存在するムダ毛の1/3程度で、残りの2/3は皮膚内で成長したり成長する準備をしています。

 

このように、ムダ毛が成長していくサイクルが毛周期と呼ばれるものです。

 

毛周期は大きく分けると、休止期と成長前期、成長後期、そして退行期の4段階があります。

 

休止期は成長する前の準備段階で、成長前期は毛母細胞が分裂を繰り返し成長が始まっている段階で、どちらも皮膚の内部にとどまっている期間です。

 

成長後期になると表皮からムダ毛が生え始め、やがて退行期に入り自然と抜け落ちていきます。

 

この毛周期のサイクルを繰り返して、ムダ毛は生え続けているのですね。

 

効率よく永久脱毛するには

 

基本的に、毛周期の中で脱毛の施術の効果があるのは、成長後期と退行期の表皮に生えているムダ毛だけです。

 

今は、施術のスパンを空けなくても脱毛が受けられるサロンもあります。

 

ですが短期間で施術を受けても、表皮に成長期のムダ毛が生えていなければ意味がないのです。

 

脱毛の効果を得るには、毛周期に合わせて施術を行うことが一番重要です。

 

ですので、永久脱毛をする部位の毛周期を知っておく必要があるのですね。脱毛の施術後、ワキ毛は3ヶ月から5ヶ月、ビキニラインは1ヶ月、手足は4ヶ月ぐらいが次の施術のタイミングだと言われています。

 

ただし、上記のタイミングはあくまでも平均的な毛周期です。ですので効率よく脱毛するには自分のムダ毛をしっかりチェックして、成長期に合わせた施術を行いましょう。

脱毛通い放題