IPL、SSC、ハイパースキン、SHRの特徴や違い

IPL、SSC、ハイパースキン、SHRの特徴や違い

脱毛サロンやエステサロンでの脱毛は光脱毛が主流ですが、光脱毛にも種類があります。現在は、PLとSSC、ハイパースキン、SHRが主な施術方法になります。このように、同じ光脱毛でも使う機器や脱毛方法によって違いがあるので、その特徴を見てみましょう。

 

IPLとSSCとハイパースキンとSHRの施術の違い

 

IPLは、インテンス・パルス・ライトという光を使って行うフラッシュ脱毛です。この光がムダ毛の黒い色に反応すると、熱が発生して、その熱が毛根組織にダメージを与えることでムダ毛の成長を抑制します。

 

SSCは、ジェルと脱毛器のダブル使いで脱毛する施術です。抑毛成分が配合されたジェルを塗り、光を照射してジェルを浸透させることで発毛を抑制しながら、毛根組織の働きも低下させます。

 

ハイパースキン脱毛は一部の脱毛サロンしか採用していませんが、最新の脱毛方法です。ハイパースキン脱毛では、毛根組織ではなく発毛を促す発毛因子に熱を加え、ダメージを与えて発毛自体を阻止します。

 

スーパーヘアーリムーバルの略語となるSHR脱毛は、毛乳頭細胞を包む毛包にアプローチする脱毛法です。弱い光を毛包に照射することで、毛包に熱を蓄積させることでダメージを与え、ムダ毛を成長させる毛乳頭細胞の働きを抑えます。

 

各施術方法の特徴のまとめ

 

IPLはフェイシャルエステでも使われていた光を利用しているので、美容効果が高いといわれています。また、一度に広範囲を照射できるので、施術時間が短いという特徴があります。

 

SSCはジェルと脱毛器を併用するので、普通よりも光の出力を抑えられるため痛みが少ないのが特徴です。ハイパースキンの光の熱量は人肌程度なので、3歳から脱毛ができるというのが最大の特徴といえるでしょう。

 

SHRはメラニン色素の反応させる脱毛ではないため、日焼けをしていても施術が受けられます。また白髪やうぶ毛など従来の光脱毛では施術ができなかった毛でも脱毛できるという特徴があります。

 

ぎゅっとまとめると、光脱毛でも施術方法によってこれだけの違いがあります。ですので、脱毛サロンを探すときには、採用している施術方法もしっかりチェックして自分に合った脱毛ができるところを選びましょう。

脱毛通い放題