脱毛によって汗をかきやすくなる(多汗症)理由と対策

脱毛によって汗をかきやすくなる(多汗症)理由と対策

脱毛の口コミの中には、汗をかきやすくなる、多汗症になったという意見を見かけることがあります。

 

脱毛でムダ毛を綺麗に処理できたとしても、汗っかきになるのは困りますね。なぜムダ毛を処理する脱毛で多汗症になるのか、理由と対策を見てみましょう。

 

脱毛で汗をかきやすくなる理由とは?

 

結論からいうと、脱毛が原因で多汗症になることはありません。多汗症の原因はいろいろありますが、一般的には汗腺の働きの低下やストレスが挙げられます。

 

いずれにしても、汗の分泌に関わる機能が正常に働かなくなることが原因ですから、脱毛はほぼ関係ないと言えるでしょう。

 

それなのに汗をかきやすくなった、と感じるのは、汗が流れやすくなるからです。普通なら、汗をかいてもムダ毛がストッパーとなるので、だらだら流れることはありません。

 

しかし脱毛をすると、肌がつるつるになりますから、汗がスムーズに表皮を流れていきます。つまりムダ毛が生えている状態とはまったく違う流れ方をするので、脱毛をすると汗をかきやすくなった、多汗症になったと感じてしまうのですね。

 

自分で出来る汗を軽減するための対策

 

汗は必要があって分泌されるものですが、それでもだらだら流れてくるのは不快ですね。そんな時の対策は、こまめに拭き取るのが一番です。拭き取れば流れることもありませんし、衣服に残ってニオイになることもありません。

 

ただ、仕事中などで拭き取れないこともあるでしょう。そんな時は、汗脇パッドや吸湿性の高いインナーなどで対処してください。たくさん流れ出る汗は、とにかく吸い取って抑えるのがもっとも効果的な対策になります。

 

さらに制汗剤を併用すれば、汗を抑えることもできるので、より高い効果が期待できるでしょう。

 

ちなみに、ニオイを抑えるデオドラント剤は一時的なニオイ対策にしかなりません。

 

ムダ毛に邪魔されず出てくる汗は、どんどん衣類に染み込んで、それを皮膚の常在菌が分解してニオイを発生させます。ですので、拭き取ったり吸湿させる汗対策で解消するのがおすすめです。

 

いずれにしても、脱毛によって多汗症になることはありませんから、脱毛をしたい方は気にせず施術を受けて大丈夫です。

脱毛通い放題